新型コロナウィルス感染症の感染拡大予防策を策定 2020年6月5日

オープングルーヴ、新型コロナウィルス感染症の感染拡大予防策を策定

株式会社オープングルーヴ(本社:東京都千代田区、代表取締役:昌子正俊)は、新型コロナウィルス感染症の感染拡大予防策を策定しました。
オープングルーヴは、リモートワークへの移行やリモートワーク勤務によるメンバーの負担軽減を目的とした、各種手当の支給支援をしてまいりました。新しい働き方の導入により、社員・パートナー様ならびにすべての関係企業の安全かつ円滑なコミュニケーションを目的とし、具体的な予防策を策定しました。

対象期間:6月1日〜7月31日

1. マスクの着用

  • 外出、出社、退社、業務中も可能な限りマスク着用する。

2. 手洗い・うがい・アルコール消毒の徹底

  • 外出、出社、退社のタイミングでアルコール消毒を実施する。

3. 体調管理について

  • 風邪の症状や37.5℃以上の発熱が続いている場合、外出せず、自宅療養する。
  • 本人および同居者が新型コロナウィルス感染が確定した場合、あるいは PCR 検査実施予定となった場合は、すぐに会社へ連絡する。

4. 時差出勤について

  • 通勤混雑時の公共交通機関の利用による感染リスクの回避を目的とする。
  • 業務時間に関わらず、外出時には人混みを避け、手洗い、うがいなどの感染予防対策を徹底する。

5. リモートワーク導入について

  • 3密回避策を継続する必要があり、オフィスの出社率50%を上限とする。
  • 全社員を対象にリモートワークを導入する。

6. お客様との面談・会議について

  • オンサイトでのミーティングや面談はなるべく避けて可能な限りオンライン会議とする。

7. オフィス環境について

  • 従業者及び来客等のマスク着用
  • 従業者及び来客等の手指消毒(消毒液の設置)
  • ソーシャルディスタンスを確保した席
  • 会議テーブル、会議室の人数制限
  • 窓の換気
  • 共有物の定期的な消毒

オープングルーヴでは、新型コロナウィルス感染症による働き方の急な変化に対応してまいります。
これにより、社会環境や外部環境に左右されることなく安定したサービスを提供し、社内外のコミュニケーションを円滑に進めます。

株式会社オープングルーヴについて

オープングルーヴは「つくる情熱を支える会社」という経営理念のもと、クラウド、Web、モバイル技術のシステム開発や運用サービスを提供しています。

本社 東京都千代田区岩本町2-11-3
代表者 代表取締役 昌子 正俊
事業内容 クラウドサービス事業、クラウドソリューション事業
会社HP https://www.opengroove.com/

新型コロナウイルス感染症に関連した対応について 2020年3月27日(4月8日更新)

株式会社オープングルーヴ(本社:東京都千代田区、代表取締役:昌子正俊)は新型コロナウイルスの感染症に対し、時差出勤及びテレワーク等の対応を進めております。社内外への感染被害抑止と従業員の安全確保を最優先に、下記の方針にて実施しております。

期間:2020年3月27日(金)~2020年4月12日(日)予定
期間:2020年3月27日(金)~2020年5月6日(水) 予定
対象者:本社における全ての従業員
※4月7日に発令されました緊急事態宣言により、新型コロナウィルス対策の期間を延長いたしました。

実施内容:

  1. 時差出勤を奨励します。
  2. 東京都内の勤務者は3月27日より、在宅勤務に移行し必要不可欠な従事者に限り出社とします。
  3. 社員による不要不急の外出を原則禁止とします。
  4. お客様や協力会社様への説明、打合せ等は、オンライン等の方法へ極力切り替えられるようお客様と協議を進めます。

導入目的:

  • 災害発生時でも出勤することなく自宅で業務が可能なため、企業は事業を継続でき、 事業利益の損害を最小限にとどめること
  • 災害発生時に無理に通勤する必要がないため、従業員の生命を守ること
  • 新型コロナウィルス・インフルエンザなどのパンデミック(感染症が世界的規模で流行すること)の発生時には、他人との接触を防ぐことによって感染拡大を抑止

状況により、期間延長や勤務体制の変更等を検討予定です。
今後も弊社従業員ならびに関係の皆様の安全確保を最優先し、対応を検討・実施してまいります。
関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。
新型コロナウイルス感染症の1日も早い収束を心よりお祈り申し上げます。

新型コロナウイルス感染症対策のための時差出勤実施のお知らせ 2020年02月26日

 当社は全社員およびその家族、取引先関係者様等の新型コロナウィルスの感染リスクの軽減と安全確保を目的として、
本日より1時間前後を目途とした時差出勤を実施することをお知らせいたします。

  • ■期間:2020年2月26日(水)~3月19日(木)
    ※終了時期については、状況により延長を検討します。
  • ■目的:通勤混雑時の公共交通機関の利用による感染リスクの回避の為。
  • ■対象:全社員

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

tracpath は RubyWorldConference 2019 のスポンサーとして協賛します

トラックパス は 今年もRubyWorldConference のスポンサーとして協賛いたします。

RubyWorld Conference 2019イベント内容

項目 内容
HP https://2019.rubyworld-conf.org/
期間 2019年11月7日(木)・8日(金)
会場 島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」3階 国際会議場
主催 RubyWorld Conference開催実行委員会
基調講演者
  • 基調講演1: まつもとゆきひろ ((一財)Rubyアソシエーション)
  • 基調講演2: Nadia Odunayo (The StoryGraph Founder and CEO)
  • ゲストスピーカー: Samuel Williams(Orion Transfer LimitedDirector)
  • ゲストスピーカー: 山崎 大輔(Supership株式会社 取締役CTO)
来場者見込 両日とも400名

トラックパス

トラックパス はtracの開発に携わっているメンバーとともに開発されたエンタープライズ向けのバグ管理・バージョン管理サービスです。開発言語として Python/Ruby をエンタープライズで利用しており、Ruby の発展に寄与したいと考えています。

 

tracpath は PyCon JP 2019 のスポンサーとして協賛します

tracpath は PyCon JPの開催趣旨に賛同し、9月に開催される PyCon JP 2019のスポンサーとして協賛します。

PyCon JP 2019 イベント内容

項目 内容
開発スプリント 2019年9月14日(土)
チュートリアル 2019年9月15日(日)
同時開催:子供向けワークショップ 2019年9月16日(月)
チュートリアル / カンファレンス会場 大田区産業プラザ PiO
開発スプリント会場 HENNGE

 

tracpath

tracpath はtracの開発に携わっているメンバーとともに開発されたエンタープライズ向けの課題管理・バージョン管理サービスです。開発言語として Python をエンタープライズで利用しており、Python の発展に寄与したいと考えています。

PyCon JP 2019」にぜひご参加下さい。

 

PyCon JP 2019

本社移転のお知らせ

平素は格別のご厚情を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、このたび弊社は業務拡大に伴い4月8日より下記住所へ移転する運びとなりましたのでお知らせ申し上げます。

これを機に、社員一同気持ちを新たに、益々業務に精励する所存でございますので今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

 

業務開始日

2019年4月8日(月)10:00~
 

新住所

移転事業所名 株式会社オープングルーヴ
新住所 〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 第八東誠ビル7F
TEL/FAX 03-6803-1647 / 03-6803-1648 ※変更ございません

 

  • 都営新宿線 岩本町駅 徒歩5分
  • 東京メトロ日比谷線 小伝馬町駅 徒歩6分
  • JR 秋葉原駅・東京メトロ日比谷線 秋葉原駅 徒歩9分
  • JR 神田駅 徒歩8分

 

tracpath は RubyWorldConference 2017のスポンサーとして協賛いたします

tracpath は RubyWorldConference 2017 のスポンサーとして協賛

tracpath は 今年もRubyWorldConference のスポンサーとして協賛いたします。

RubyWorld Conference 2017

banner_C02

RubyWorld Conference 2017 イベント内容

項目 内容
期間 2017年11月1日(水)・2日(木)
会場 島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」3階 国際会議場
主催 RubyWorld Conference開催実行委員会
基調講演者
来場者見込み 両日とも400名
入場料 5,000円/名

tracpath

tracpath はtracの開発に携わっているメンバーとともに開発されたエンタープライズ向けのバグ管理・バージョン管理サービスです。開発言語として Python/Ruby をエンタープライズで利用しており、Ruby の発展に寄与したいと考えています。

 

tracpath は RubyWorldConference 2016 のスポンサーとして協賛いたします

tracpath は RubyWorldConference 2016 のスポンサーとして協賛

tracpath は 今年もRubyWorldConference のスポンサーとして協賛いたします。

RubyWorld Conference 2016

banner_SPONSOR_1

第8回目のRubyWorld Conferenceが開催されます。広がるRubyの生態系を実感していただければと思います。

開催趣意書より

RubyWorld Conference 2016 イベント内容

項目 内容
期間 2016年11月3日(木・祝) ・ 4日(金)
会場 島根県立産業交流会館「くにびきメッセ」3階 国際会議場
主催 RubyWorld Conference開催実行委員会
テーマ Rubyの「エコシステム」~Rubyの持続可能な生態系~
基調講演者
その他講演者 プログラム検討委員会において講演者を選定
来場者見込み 両日とも400名
入場料 5,000円/名

tracpath

tracpath はtracの開発に携わっているメンバーとともに開発されたエンタープライズ向けのバグ管理・バージョン管理サービスです。開発言語として Python/Ruby をエンタープライズで利用しており、Ruby の発展に寄与したいと考えています。

 

tracpath は PyCon JP 2016 のスポンサーとして協賛いたします

PyConJP2016

PyCon JP 2016公式HPより

tracpath は PyCon JP 2016 のスポンサーとして協賛します

tracpath は 今年も PyCon JPの開催趣旨に賛同し、PyCon JP 2016のスポンサーとして協賛します。

PyCon JP 2016 イベント内容

項目 内容
チュートリアル 2016年9月20日(火)
カンファレンス 2016年9月21日(水)、22日(木・祝)
開発スプリント 2016年9月23日(金)、24日(土)
テーマ Everyone’s different, all are wonderful
会場 早稲田大学西早稲田キャンパス

 

tracpath

tracpath はtracの開発に携わっているメンバーとともに開発されたエンタープライズ向けの課題管理・バージョン管理サービスです。開発言語として Python をエンタープライズで利用しており、Python の発展に寄与したいと考えています。

日本国内で行われる大規模なイベント「PyCon JP 2016」にぜひご参加下さい。

 

PyCon JP 2016
 
 

プライバシーマークを取得しました

株式会社オープングルーヴ(以下、当社)は、2015年11月17日付で、財団法人日本情報処理開発協会(JIPDEC)より「プライバシーマーク」付与の認定を受けました。

プライバシーマーク制度は、日本工業規格「JIS Q 15001:2006 個人情報保護マネジメントシステム—要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備・運用している事業者等を認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動においてプライバシーマークの使用を認める制度です。

当社では、業務においてお預かりしている個人情報の保護を重要な責務と認識し、社会的に重要度が増している個人情報保護管理の徹底に努めております。


Pマーク

【認定年月日】2015年11月17日
【認定番号】第17002482(01)号

今後もプライバシーマーク認定事業者として、継続して、個人情報を適切に取扱う体制を維持し、強化してまいります。

※当社の個人情報保護方針については「個人情報保護方針」のページをご確認下さい。