Security

GNU bash の脆弱性に関する対応について

 この度、GNU Projectが提供する、UNIXおよびLinuxで広く使われているシェル「Bourne Again
Shell(Bash)」に重大な脆弱性「CVE-2014-6271 等」が確認されています。

JPCERT CC
GNU bash の脆弱性に関する注意喚起

IPA 情報処理推進機構
更新:bash の脆弱性対策について(CVE-2014-6271 等)

当社のクラウド型バージョン管理サービス「tracpath」やその他提供しているサービスについて脆弱性対策は対策済みとなります。
今後もベンダー等の情報には注意し、新しいセキュリティパッチが提供され次第順次対応していきます。

弊社の技術ブログにて解説してます。参考にしてください。
GNU bash の脆弱性に関する対策と注意喚起(Shellshock:シェルショック)

  • CIツール導入ガイド 第6回 #Gitlab による #CI の導入【 #Java 版】 Java による CI 導入ガイドも最終回の第6回目。これまで紹介したツールを設定し、自動的にCIが開始されるところまでを解説。 https://t.co/kfhRejztGD 25 October 2018 at 1:54 AM